昔の物流

段ボール箱を持つ男女

経済の成長が著しく物がそんなに無かった時代においては、物はたくさん売れました。というのも当時は、物を持っていない人が多くまた物を必要としていた人がいたからです。その後ほとんどの人が物を持ったので、物に対する売れ行きは変化していきました。そのときに、「物流加工」という考え方が導入されていき、現在にまで至りました。物流加工をすることによって、製品の価値が上昇すると同時に物流費用の低下が生じています。なぜならば、物流企業が顧客が行っていた物流を代わりに行っているからです。顧客からすれば、仕事を代行してもらえる上にコストが下がるというメリットが生じます。一方で物流企業からすれば、新しい仕事が登場するというメリットが生じます。

現在物流加工を中心に行っているのは人で、いずれの加工作業も人が不可欠となります。しかし未来の物流加工においては、場合によってはロボットによって行われているかもしれません。というのも少子高齢化時代において、将来でも物流加工という業務をするならば対策が必要です。その際の手段の一つとして、ロボットに業務を行わせるという方法があります。あらかじめロボットに物流加工に必要な情報を入力しておき、その情報に基づいて作業をさせます。最初の頃は、人とロボットによる共同作業という場合が多いかもしれません。しかし時が経つにつれて、すべての作業をロボットが行っている可能性があります。当然ながらその時には、物流における費用についても変化している可能性があります。